ドイツ式入れ歯・テレスコープ症例

入れ歯(自費)
あなたのお口の悩みを教えてください

TEL:0283-62-1125
入れ歯なんて、どこでも一緒だと思っていませんか?
しっかり噛める、見た目も美しい入れ歯があります。
貴方に最適な治療法をご提案します。
あきらめないで、お気軽にご相談ください。

詳しい情報はホームページから。
↓ここをクリック↓
目黒歯科医院ホームページ

こんにちは。
最新ドイツ式入れ歯と高度インプラント治療の専門家
目黒伸行です。

当院では佐野市で唯一
バネの見えない高品質な美容入れ歯(保険適応外)をご提供しております。

▼目次

テレスコープ入れ歯の症例
ドイツ式入れ歯・テレスコープ紹介動画

テレスコープ入れ歯の症例

テレスコープ入れ歯の実際の症例についてです。

下の写真をご覧ください。

60代女性・下アゴの、ドイツ式入れ歯の症例です。
歯が7本残っていますね。

奥歯はほとんどありません。

これですと、物をしっかり噛むことが出来ませんね。

 

そして、こちらが治療後の写真です。

しっかりと奥まで歯が並んでいます。

さらに、装着したところを前から見てみましょう。

どうですか?これならお友達にも入れ歯だとバレません。
どこから見ても、入れ歯の銀色のバネ(金具)は見えませんね。

そして、この入れ歯ですが、外すとこうなります。

このドイツ式入れ歯は白い歯の部分が、全部取り外せる構造です。
残った歯を削り、精密な金属冠を装着して、連結補強してあります。
これは内冠と呼ばれます。

その上に、先ほどの白い歯がはめ込まれる仕組みです。

そして、もう一つの仕掛けがあります。

前歯の内側に、回転式のレバーが仕込んであります。
このレバーの先端が、内冠に細工してある横穴に挿入されて、入れ歯がしっかり固定されるのです。
普段は、閉じているのでまったく違和感はありません。

テレスコープ入れ歯の紹介動画

下にこの入れ歯の説明の動画を埋め込みましたので、是非ご覧ください。


入れ歯を外す時だけ、レバーを開いてロックを解除します。
この構造の入れ歯は、リーゲルテレスコープ式部分入れ歯と呼ばれています。
ドイツ式テレスコープ入れ歯の一つです。

これを制作できる歯科技工士さんは、国内でも数える程しかいません。
そのため、日本ではほとんど普及していません。
保険外治療となりますが、丈夫で長持ちしますので、良い物を大切に長く使いたい方にお勧めです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました