ドイツ式入れ歯・良い所取りのハイブリット入れ歯

入れ歯(自費)
あなたのお口の悩みを教えてください

TEL:0283-62-1125
入れ歯なんて、どこでも一緒だと思っていませんか?
しっかり噛める、見た目も美しい入れ歯があります。
貴方に最適な治療法をご提案します。
あきらめないで、お気軽にご相談ください。

詳しい情報はホームページから。
↓ここをクリック↓
目黒歯科医院ホームページ

こんにちは。
最新ドイツ式入れ歯と高度インプラント治療の専門家
目黒伸行です。

当院では佐野市で唯一
バネの見えない高品質な美容入れ歯(保険適応外)をご提供しております。

▼目次

インプラントと入れ歯のハイブリット
症例写真と説明

インプラントと入れ歯のハイブリット

さて、現在歯科医療の分野では、歯を失った場合の機能回復の方法として次の3種類の治療法が一般的です。
①歯を支えにして、抜けている場所に歯を作る方法(ブリッジと呼ばれています)
②取り外し式の入れ歯
③インプラント

最近、インプラント治療が歯科業界ではブームみたいですが、あなたはインプラントにどんなイメージをお持ちですか?

多くの人のイメージは、
「インプラント=固定式の歯」
なのではないでしょうか?

そうですね。
その通り、固定式も可能です。

ただし、あなたによく考えてもらいたい事があります。
何らかの理由で歯を失った場合、その原因は何でしょうか?

歯周病ですか?虫歯ですか?

もしもあなたがインプラント治療を受けて、インプラントで復元した歯が歯周病にならない自信がありますか?
インプラントは虫歯にならなくても歯周病にはなります。
また、歯周病の進行は天然の歯よりも早い場合が多いです。

そこで、ハイブリッド入れ歯のお話です。
「ハイブリッド入れ歯」の名前は私が勝手につけました。
電気自動車のハイブリッドカーみたいに、良いところを組み合わせるイメージでつけました。

この入れ歯は、ドイツ式入れ歯とインプラントの良いところを組み合わせた治療法です。
もちろん、インプラントが嫌な人にはお勧めしていません。

では、どんなものか症例写真で説明していきましょう。

症例写真と説明

ドイツ式入れ歯とインプラントの融合のハイブリッド入れ歯です。

こちらは治療前の写真です。

この方は60代の男性です。
正面から見て、真ん中の歯から左側の歯はすべて保存不能です。

この患者さんの希望は、この2つでした。

①歯はなるべく抜きたくない
②入れ歯は嫌

そして、ここ数年、ネッツトで宣伝されてるインプラント治療のテクニックに「オールオン4」というものがあります。
興味があれば、検索してくださいね。
オールオン4は、4本のインプラントで12本の歯を復元する治療法なのですが、
保存できる歯があってもすべて抜かないといけません。

この患者さんの希望はなるべく歯は抜きたくないという事なので、すべて抜くというこの方法は希望されませんでした。
そこで、患者さんに相談しました。

のぶ先生
のぶ先生

取り外し式の方が、清掃性も良いし、修理も簡単です

 

「違和感が無ければ、取り外し式でも良いですか?」

お返事は

違和感がなければ、入れ歯の経験もあるし大丈夫です!

と言って頂けました。

この下の写真だと、向かって左側の歯になります。
(※鏡を入れて、写真を撮ってるので逆転しています)

ここに、インプラントを埋め込みました。

治療後です。

いかがですか?
きれいに、仕上がってると思います。

下の写真はかみ合わせの写真です。

入れ歯のイメージと違いますね。

取り外す時は、レバーを開きます。
そして、次の写真がレバーを開いた状態です。

入れ歯を外すと、こんな感じです。
下の写真の、向かって左半分にインプラントを4本埋め込んであります。

術後のレントゲン画像です。

患者さんには、とても喜んで頂けました。

ドイツ式入れ歯とインプラントを組み合わせる事により、大切な自分の歯を抜かないで、違和感の無い入れ歯を作ることが出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました